ホーム >  学院紹介 >  創設者・学院長あいさつ

創設者・学院長あいさつ

今年で開校14周年を迎える実績と信頼のブランド

今年で開校14周年を迎える実績と信頼のブランド

小倉リハビリテーション学院の母体は、全国に多数の総合病院、リハビリテーション病院などを有する、「カマチグループ」。
医療技術の進歩と共に、命を救われた患者さんが、歩行・排泄・食事・社会との関わりといった普通の生活に戻れるような手助けをするリハビリテーションの役割も重要視されつつある現代の日本。その中で「より豊かに、健康に生活したい」という患者さんの希望にそえる技術と人間性を養う教育機関として、平成16年(2003年)に小倉リハビリテーション学院は誕生しました。

各学科40名ずつの学生からのスタートでしたが、その後、年数を重ねるごとに人数も増え、定員も1学年160名(PT昼80名・PT夜40名・OT昼40名)となりました。
平成18年(2006年)からは、アンコール小児病院の協力の下、国内でも珍しいカンボジアへの研修旅行の取組みがはじまり、国内だけでなく海外においても、学生が見識を深める機会も得ました。

現在では、系列学校も小倉・下関・和白・武雄・八千代 の5校になり、合同でのスポーツ大会・模試・就職説明会を開催するというような、幅広い交流とネットワークも構築しています。

創設者あいさつ

時代が求める人「財」育成

創設者 蒲池真澄

高齢者や障害者を支援する、より質の高い多くの専門職が求められており、その中核を担う理学療法士・作業療法士の果たす役割がますます重要になってきていますが、絶対数は不足している現状です。

特に医療提供体制改革や介護保険制度導入などにより、在宅での生活と療養を適切に支援できる多くの理学療法士・作業療法士が必要になっています。

しかし、在宅分野での人「財」育成は殆ど手つかずの現状であり、この育成事業が急務であります。

学院長あいさつ

新しい人生の一歩を踏み出す夢を徹底サポートいたします

学院長 篠﨑康次

本学院は充実した教職員による徹底した個別指導により、質の高い理学療法士・作業療法士の育成を目指しており、皆さんの入学を切望しています。

夜間コースを置き、社会人などの就学支援をしているのも大きな特徴です。

資格を取得し、新しい人生の一歩を踏み出す皆様の夢を学院が一体となってサポートいたします。