入学案内

Admission Information
オーダーメイドオープンキャンパス申し込み
ホーム >  入学案内 >  入試制度 >  特待生制度

特待生制度

学業成績・人物ともに優秀な学生を経済的に支援し、社会に貢献できる人材の育成

A特待生
全額
B特待生
半額
C特待生
3割

小倉リハビリテーション学院では医療や社会に貢献できる優秀な人材を輩出したいと考えております。その実現のため本学院では理学療法士・作業療法士に強い意欲と興味があり、成績優秀で他の模範となる学生に対し、「特待生制度」を実施しています。特待生に選ばれた方には、最大で授業料全額免除の特典を受けられます。

特待生制度について

  • 学業成績・人物ともに優秀な学生を経済的に支援し、社会に貢献できる人財の育成を目的とする制度です。
  • 特待生は「特待生選抜入学試験」により決定します。
  • 特待生の種類によっては、年間の授業料が全額免除になります。
  • 返還義務はなく、昼間コースは最長3年、夜間コースは最長4年間、特待生の資格を保持することができます。
  • AO、高校推薦、一般入学試験で入学が決定した方も「特待生選抜入学試験」に出願することができます。

出願資格

理学療法士・作業療法士に強い意欲と興味があり、成績優秀で他の模範となる人物で、次のいずれかの条件を満たすもの

  • AO、高校推薦、一般入学試験で合格し、すでに当学院の入学手続きが終えた者(区分I)
    ※特待生選抜入学試験で不合格となった場合でも、既に得ている入学資格は失われません。
  • 高等学校を卒業または平成29年3月に卒業見込みの者(区分II)

なお、AO、高校推薦、一般の入学試験で入学が決定した方も「特待生選抜入学試験」に出願することができます。

特待生の種類

理学療法学科(昼間・夜間)・作業療法学科

A特待生
全額
B特待生
半額
C特待生
3割

※減免の最長期間は、所定の修業年限に限る

特待生の定員

各学科・コースで定員の1~2割を特待生の定員とする。

入学試験日程

第1回特待生入学試験 AO入試2期と同じ
第2回特待生入学試験 AO入試6期と同じ

※第1回特待生入学試験において募集定員を満たしたコースは、第2回を実施いたしません

選考方法

区分Ⅰ:特待生入学試験以前に入学が決定した方で、出願する方

区分Ⅱ:上記以外で出願する方

  筆記試験 面接 書類審査
区分Ⅰ
区分Ⅱ

※ 筆記試験:国語総合(現代文のみ)、数学Ⅰ、英語Ⅰの3科目

※ 区分Ⅰでは書類審査はありませんが、願書の提出は必要です。

特待生入学試験以前に入学が決定した方(区分Ⅰ)も、当該試験に出願することができます。

その場合、改めて出願してください。

また、特待生選抜入学試験で不合格となっても既に得ている入学資格は失われません。

※「特待生」として合格できなかった場合であっても、「一般合格」として合格を通知することがあります。

出願書類

特待生選抜入学試験の出願書類は以下の通りになります。

区分I

  • 入学願書
  • カラー写真 2枚(4×3cm)
    写真は入学願書と写真票に貼付すること
  • 写真票
  • 入学検定料振込受付証明書
    (本学院所定の振り込み用紙)
  • 受験票送付用封筒
    郵便切手350円を貼付
  • 合否通知の送付用封筒
    郵便切手660円を貼付

区分II

  • 入学願書
  • カラー写真 2枚(4×3cm)
    写真は入学願書と写真票に貼付すること
  • 写真票
  • 出身高等学校調査書
  • 大学入学資格検定・高等学校卒業程度認定試験 合格証明書
    ※該当者のみ提出
  • 入学検定料振込受付証明書
    (本学院所定の振り込み用紙)
  • 受験票送付用封筒
    郵便切手350円を貼付
  • 合否通知の送付用封筒
    郵便切手660円を貼付

原則として調査書の提出をお願いします。保存年限が経過しており出身高等学校調査書が発行されない場合は、成績証明書と卒業証明書(卒業証書の写しも可)を提出してください。

試験当日のスケジュール

受付 8:45~9:00
オリエンテーション 9:00~9:10
国語総合(現代文) 9:10~10:10
数学I 10:20~11:20
英語I 11:30~12:30
面接に関するオリエンテーション 12:30~12:40
休憩・昼食 ※各自ご準備ください(50分) 12:40~13:30
面接 13:30~

入学検定料について

検定料25,000円

特待生の更新

特待生の資格は、毎年度更新となり、年度毎の成績などによる審査を経て、昼間コースでは最長3年間、夜間コースでは最長4年間、入学時の資格を保持できます。