キャンパス紹介

Campus introduction
ホーム >  キャンパス紹介 >  皆さんへメッセージ

皆さんへメッセージ

理学療法士を目指すきっかけは祖母の入院。

吉田 亜衣

私の祖母が入院し、辛そうに歩く姿を見て何も出来ない無力さにとても悲しくなりました。そんな時、理学療法士という職業に出会い、「これだ!」と思いました。

学校選びは、オープンキャンパスに参加した時に先生たちの熱心さが伝わり、心を動かされ、ここに決めました。現在のクラスは現役生も大人組もとてもノリがよく、フレンドリーです。分からない所があれば助け合い、盛り上がる時は盛り上がってと仲の良いクラスで楽しいです。学際やスポーツ大会など、学校行事はもちろん、一緒に勉強したり、その日あった事を友達と話したりすることが、本当に楽しくて仕方ないです。

吉田 亜衣

今一番苦労していることは実習に向けての実技テストで、OSCEと呼ばれるテストです。これは、先輩から話をきいても難しいと思います。自分がどれだけできないのかを知らされるので、自分にとってプラスになると思って頑張っています。

好きな科目は整形と中枢です。脳のどこがどんな働きをするのか興味があるのですが、実は苦戦している教科でもあります。だから、自分が納得いくまで、あきらめずに勉強していこうと思っています。

同じ夢を持っている皆さん、私たちと一緒に頑張りましょう。

理学療法学科 大分県立国東高等学校卒 吉田 亜衣

患者様に元気や希望を与える理学療法士になる。

田仲 紘明

私が理学療法士を目指したきっかけは、ガンで入院しているいとこが「理学療法士の人がとても熱心で、その人のおかげでリハビリも頑張れる」という話をきいて、私もすべての患者様に元気や希望を与えられるような理学療法士になりたいと思い、大学を卒業後、理学療法士への道を決意しました。

田仲 紘明

学習内容では、骨や筋肉・神経など今まで聞いたことのない用語が数多くあるので、それらを覚えるのには少し苦労していますが、クラスメイトと共に助け合いながら勉強しています。好きな科目は評価学総論です。この授業は理学療法士になるために必要な技能を学ぶ実技授業で、1番実践的な授業だからです。

学ぶことが多く厳しさもありますが、先生方が非常に熱心で、設備もよく、勉強する環境が整っていると思います。

理学療法学科 福岡県立中間高等学校卒 田仲 紘明

理学療法士。これこそが私の理想の仕事だと感じました。

飯干 守道

私は中学生のころから陸上(長距離・駅伝)に打ち込み、大学卒業後はトライアスロンへ転向し世界を目指して活動してきました。20年近い競技人生の中で、怪我が多く様々なリハビリを経験したことがこの道を選んだ一番の理由です。私には妻子がいますので入学には大きな不安がありましたが、どうしても「理学療法士」になりたいという思いが強かったので、迷いなく決意しました。

飯干 守道

小倉リハビリテーション学院の「働きながら学べる夜間コース」の存在も背中を押してくれました。オープンキャンパスにも参加しましたが、充実した先生方・個性あふれる先生方に迎えられ、楽しいキャンパスライフをイメージすることができました。

実際に入学してからは正直大変でした。仕事・勉強・家族の時間を両立させることは想像以上に難しく、体調を崩すこともありました。しかし、同じ目標、同じような環境をもつクラスメイトとともに頑張ることで乗り切ることができました。家族の協力にも感謝しなければいけません。今では時間を有効に使ったメリハリのある生活を送ることができ、充実した日々を送っています。

ほとんどの方が入学に対しての不安をもっていると思います。しかし、ここでは「理学療法士」になりたいという強い気持ちがあれば大丈夫です。同じ目標を持つ仲間がいますので必ず不安はなくなると思います。

ぜひ皆さんも同じ目標に向かって頑張りましょう!

理学療法学科 夜間コース 宮崎県立高千穂高等学校卒 飯干 守道

自分が怪我をしたとき、理学療法士の方にお世話になったことが、目指したきっかけです。

那須 一秀

私が怪我をした時、お世話になったのが理学療法士でした。その際、熱心にリハビリに取り組んでくれたことや、患者に感謝される姿を見て自分もなりたいと思ったのがきっかけでした。

那須 一秀

私の学科は、理学療法士の夜間コースです。年齢層が幅広く日々色々な事を学んでいます。授業は緊張感もありますが、とてもいい雰囲気の中で進んでいます。休み時間にクラスメイトや先生方と話すのはとても楽しく、ためになることや学ぶことが多いです。

こちらで学ぶにあたって毎日の予習や復習がとても大切です。1回の授業で進む量が多いので予習復習に追われています。その中で、好きな教科は運動学です。1コマに多くの筋・骨・靭帯を習い、この授業も覚えることが多く大変ではありますが、先生の授業のペース、説明がしっかりしているので、自分自身もしっかり集中して授業を受けることが出来ます。人体の構造について様々なことが学べるので楽しいです。

将来、医療関係の仕事につきたい、理学療法士や作業療法士になりたいと思っている方は、是非小倉リハビリテーションに来て、先生方や私たちと一緒に頑張りましょう。

理学療法学科 夜間コース 福岡県立高稜高等学校卒 那須 一秀

高齢者や精神の分野に興味があったので、作業療法士を目指しました。

大澤 杏奈

私がリハビリに興味をもったのは父のリハビリがきっかけです。高齢者や精神の分野に興味があったので、作業療法士を目指そうと思いました。患者さんを笑顔にすることができる、そんな作業療法士になりたいです。

大澤 杏奈

学校では、学習する内容は高校までと違い、専門的な科目や実技もあるので大変です。しかし、グループ学習をしたりして友達と教え合いながら勉強して乗り越えています。好きな科目は基礎作業学で、革細工や陶芸などのものづくりを行います。治療で活用するために学習するのですが、私達自身も楽しみながら作品を作ることができるので好きです。

作業療法学科 北九州市立高等学校卒 大澤 杏奈

患者様と周囲の方々の負担を少しでも減らしたい。

清田 健太郎

私は自宅に体の不自由な祖母が住んでいました。その祖母とすごしていると、体の不自由がどれだけ本人につらく生きづらいことなのか、また周りの人の苦労がどれだけかかるのか身にしみました。こういった経験から、同じような状況の人を助けたい、自分にしかできない人に喜ばれる仕事をしたいと思い作業療法士の仕事に興味を持ち始めました。

私のクラスには高校を卒業して入学した人から30代の大人まで、いろいろな人がいます。でも、同じ目標や夢を持った仲間なので、全然気にならずに明るい感じです。授業やテスト前などは、互いに教えあったりして力を合わせてがんばり、休み時間やイベントではうって変って、とことん元気に笑ったり遊んだり楽しく、みんな優しく団結力があります。

清田 健太郎

授業については、体にはいろいろな筋肉・骨・血管・臓器があり、暗記するのが大変なときがあります。また実習では、実際に患者さんを想定して一人で練習をするので、頭でわかっているだけではできないことが多くあり、人間性や応用力が求められ難しいです。

しかし、仲間と一緒に話し合って考えたり、物をつくったりすることは楽しいです。そこからまた友達の輪が広がったり、コミュニケーション力がついたりします。休み時間には話したり、ちょっと騒いだりと、とても楽しい時間です。クラブ活動もあり、私はサッカー部ですが、先輩ともかかわることができ、ストレス発散できるのでとても楽しいです。

私たちが目指す仕事は、人の生活面も管理し治療を行っていきます。そのため自分自身の生活面も厳しく見つめ直すことを求められます。先生方には厳しく指導を受けることもありますが、そんな中でも一緒に支えあえる仲間がいて、日々成長できていることに充実感を感じています。

作業療法学科 青豊高等学校卒 清田 健太郎

学生自身が考え、行動できる能力を身につけてもらいたい。

橋本 知美

作業療法学科では、臨床実習を見据えて、学生自身が考え、行動できることを重視した講義を行います。作業療法士は、人を相手にする仕事なので、まずは人に興味をもつことが大切。短い時間でたくさんのことを学ばなくてはいけないので、何事にも意欲と目的意識を持って取り組んでほしいと考えています。

作業療法学科 教務部長 橋本 知美

患者様の笑顔が、私に自信をつけてくれる。

志坪 みなみ

臨床実習は、将来自分が働く現場で実際の患者様とふれあう中で、色々経験し学ぶ機会としてとてもためになりました。

実際患者様を前にすると、不安や緊張感から、今まで練習してきたことでも上手くいかなくて時間もかかり、“自分の思うようにいかないこと”がおこります。また、患者様の情報収集する際に「さしつかえない内容」の判断が難しかったです。職業や家族状況などの話を伺う時の聞き方やタイミングなどにも工夫が必要で、コミュニケーションのとり方が難しかったと思います。訓練の仕方、動作の伝え方、どのように伝えたらわかりやすいか、試行錯誤していたのを覚えています。

そのため、実習に備えて友達同士で評価の練習・確認をおこない、実技練習は毎日のように残ってしていました。また、必要となる文献を皆で分担して探したり、先輩の話を聞きに行ったり、基礎知識の復習をしたりととても充実した時間でした。

志坪 みなみ

この大変な実習も色んな意味で楽しかったです。失敗をすれば落ちこむけれど、その反面、考えて評価・訓練した結果、患者様の生活のしやすさの改善ができ、そしてそれが、笑顔につながった時は、こちらが元気づけられるし、少しずつ自信を持たせてもらえます。

指導して下さった先生から「疾患だけでなく、“患者様”をしっかりみて下さい」と声かけしていただき、その言葉がすごく自分の心に残っていて、そのような“患者様と向き合う姿勢”もたくさん学ばせていただいたので、働きだしてからも心がけています。

新行橋病院勤務 理学療法学科/平成21年度卒 志坪 みなみ

丁寧な指導をしていただけるので、安心して就職活動に打ち込めます。

光永恵理子

外部講師による就職セミナーでは、履歴書の書き方から面接のポイントまで丁寧に教えていただけるので、安心して就職試験を受けることができます。理学療法士の就職先は、病院やクリニック、介護施設などがあり、その中でも脳血管疾患、整形外科疾患、呼吸・循環器系、小児科系などさまざまな分野があります。専門的な授業や臨床実習を通して、興味を持てる分野に方向性を定めておけば、就職活動の際に迷うことが少なくなると思います。

理学療法科 夜間コース 平成23年3月卒光永恵理子

勉強を教えてもらったり、施設内でアルバイトができます。

橋本由美子さん

寮に入る当初は、他の学生との共同生活に不安がありましたが、先輩方もやさしくして下さるので、とても居心地がいいです。テスト期間中などは、先輩に勉強を教えてもらうこともできます。また、高齢者施設でのアルバイトをすることもできるんです。そこで体位交換などをするので、実践の中で技術を身につけることができるメリットもあります。

理学療法学科 長崎県立諫早商業高等学校卒 橋本由美子