卒業を迎えた生徒の保護者様からメッセージ

ホーム >  みなさんへ >  卒業を迎えた生徒の保護者様からメッセージ

卒業を迎えた生徒の保護者様からメッセージ

理学療法学科(昼間コース) M・Mさんの保護者様

M・Mさん
  1. お子様の進路に関して、どのように関わられていましたか?
    娘の希望でしたので、本人の意思に任せました。後は、親として協力出来る限りは・・・と思いました。
  2. 当学院への進学を決めた理由は何ですか?
    ホームページ上でも感じ取ることができる”学院の雰囲気の良さ”と国家試験合格率と就職率の高さが、進学の決め手となりました。
  3. 学院生活を振り返っての感想(よかった点、苦労した点など)
    先生方や職員の方々には、親子共々本当に良くして頂いて、心より感謝しております。 娘の話を聞いていて、信頼できる先生方であること、沢山の友人にも恵まれて、この3年間は一生の宝に成る時間になったことでしょう。

理学療法士・作業療法士を目指すお子様を持つ「保護者様」へのメッセージ
大変で厳しい道ではありますが、信頼できる先生方のもとで、3年後には素晴らしく光り輝く笑顔が見れる事と思います。 もちろん、本人に努力も必要ですけどね。

理学療法学科(昼間コース) T・Nくんの保護者様

T・Nくん
  1. お子様の進路に関して、どのように関わられていましたか?
    本人の希望を優先に考え、なるべく先入観を与えないように助言してきたつもりです。
  2. 当学院への進学を決めた理由は何ですか?
    本人の意思です。 その後、オープンキャンパスでの様子やガイドブックを拝見して確信しました。
  3. 学院生活を振り返っての感想(よかった点、苦労した点など)
    子供が迷い苦しんだ時、温かく励まし支えて下さった岡部先生や周りの先生方、そして多くの友人達に感謝の気持ちでいっぱいです。
    また、子供自身の最後まで努力を惜しまなかった姿勢にも心を打たれました。

理学療法士・作業療法士を目指すお子様を持つ「保護者様」へのメッセージ
専門的な知識や技術は、学院で習得できますので、あとは子供をを信じて見守り続けることが大切な様に思います。

作業療法学科(昼間コース) A・Oさんの保護者様

A・Oさん
  1. お子様の進路に関して、どのように関わられていましたか?
    子供が作業療法士になりたいと言った時は、作業療法士がどんな仕事なのかわからなかったですが、話を聞いているうちに子供の将来を考え、特に反対もなく応援するだけでした。
  2. 当学院への進学を決めた理由は何ですか?
    何校かオープンキャンパスに行き、子供の希望を尊重して決めました。 また、自宅から通えることも理由の一つでした。
  3. 学院生活を振り返っての感想(よかった点、苦労した点など)
    実習先で担当させていただいた患者様から、実習が終わって手紙をもらい、患者様の役に立てたのではないかと思いとても感動しました。
    学院生活では様々な年齢の方々と共に学び、同じ目標に向かって頑張り、たくさんの友達と出会えたようでよかったと思います。

理学療法士・作業療法士を目指すお子様を持つ「保護者様」へのメッセージ
子供が将来、本当にPT・OTになりたいのか子供とよく話し合うことが大切だと思います。
学校に入ってからも、勉強や友達のことなどいろいろ話を聞いてあげることが大切だと思います。

作業療法学科(昼間コース) K・Hくんの保護者様

K・Hくん
  1. お子様の進路に関して、どのように関わられていましたか?
    息子が作業療法士を目指したいと話していたので、本人の夢を叶えてあげるため後押ししました。
  2. 当学院への進学を決めた理由は何ですか?
    息子が自ら学校を探し、見学に行きました。
    小倉リハビリテーション学院を受験したいという本人の意思を尊重しました。
  3. 学院生活を振り返っての感想(よかった点、苦労した点など)
    良かった点としたは、今まで勉強をしていなかった息子が勉強に励み、自信がついたことです。そして同じ志を持った仲間や実習先の先生に出会えたことが本人の成長に繋がったと思います。
    苦労した点は、特に実習だと思います。毎日遅くまでレポートに励み、フラフラになりながら通い続けたことです。

理学療法士・作業療法士を目指すお子様を持つ「保護者様」へのメッセージ
リハビリの勉強はとても大変です。子供が3年間、心身ともに健康で学べることができる様に支えてきたつもりです。
苦しんでいる息子を見るのは辛かったですが、息子の頑張っている姿に力をもらいました。

理学療法学科(夜間コース) M・Tさんの奥様

M・Tさん
  1. ご主人の進路に関して、どのように関わられていましたか?
    進路に関しては、本人の意志に任せていました。
  2. 当学院への進学を決めた理由は何ですか?
    働きながら、主人が目標にしている理学療法士を目指して学ぶことができるという理由から小倉リハビリテーション学院への進学を決めました。
  3. 学院生活を振り返っての感想(よかった点、苦労した点など)
    働きながらの学院生活は大変だったと思います。特に2回目の実習においては、初めて弱音を吐く姿を見て、このまま夢を諦めてしまうのではと心配したのを覚えています。(今では良い思い出です)
    在学中に結婚することになり、3年時には私に切迫早産と出産が実習と重なってしまい、主人には実習地と病院を何度も往復させて苦労をかけたことも良い思い出です。

理学療法士・作業療法士を目指すお子様を持つ「保護者様」へのメッセージ
社会人になってからの学生生活は、より大変そうでしたが、本人が目標にしていた理学療法士になれるのも、担任の先生方をはじめ多くの方々のサポートのお陰です。
沢山の友人に出会い、共に助け合えたことは、人生においても貴重な経験だったと思います。
小倉リハビリテーション学院に進学し、本当に良かったです。