学科紹介

Subject introduction
ホーム >  学科紹介 >  作業療法学科

作業療法学科

生活機能回復をサポートするセラピストを目指して。

作業療法士の仕事は、様々な障害を持った患者さんに対して、日常生活に必要な動作の指導・訓練を行うことにより、身体機能や精神の回復をはかるというものです。

患者さんがその人らしい人生・生活が送れるよう、支援する専門職です。

患者さんの障がいだけに目を向けるのではなく、人生観や価値観、興味などを考慮しながら、患者さんが主体的に携わることのできる活動、例えば、趣味・遊び・家事・就業などを治療として用い、生活機能の維持・向上を行います。

本学科では、患者さん一人ひとりの状況や特性に合わせて、細やかな対応ができる作業療法士を目指します。

作業療法士とは?

  1. 仕事内容は?
    医師の指示のもとに手芸・木工・園芸などの作業を行うことにより、障がい者の身体運動機能や精神心理機能の改善を目指す治療を行います。
  2. 対象は?
    赤ちゃんからお年寄りまで幅広い年齢の方々が対象となります。
  3. 将来は?
    病院やリハビリテーションセンター、精神神経科病院などの医療分野から介護老人保健施設、デイサービスセンターなどの福祉分野など、活躍の場は広がっています。

活躍する職場と、各職場における仕事内容

医療

勤務先例
総合病院、大学病院、各病院の訪問看護ステーション、リハビリテーション病院、精神・神経科病院、リハビリテーション施設、リハビリテーションセンター、デイケアセンター、小児病院など

仕事内容
医師の処方に従い、看護師などとチームを組みながら、高齢者、身体障害者、精神障害者を対象に日常生活ができるようになる為の治療を行います。

例えばこんな仕事です

  • 「日常生活で必要な動作の訓練を行う」
  • 「患者さんの状況に合わせた作業を考える」
  • 「患者さんが使いやすい道具を考える」

保健

勤務先例
地方自治体、デイケアセンター、障害者更生施設、障害者授産施設、障害者更生相談所、介護老人保健施設、老人福祉センター、保健センター、介護老人福祉施設、訪問看護ステーションなど

仕事内容
障がいのある人が快適な日常生活を送る為の相談受付・支援を行います。また、介護保険の中で、高齢者にたいしての訓練や相談受付などを幅広く行います。

例えばこんな仕事です

  • 「認知症の患者さんのケア」
  • 「在宅でのリハビリテーション」
  • 「患者さんの住まいを暮らしやすくするリフォームの提案」

精神・発達障害

勤務先例
精神障害者社会復帰施設、精神保健福祉センター、心身障害児通園センター、発達支援センター、療育センター、特別支援学校など

仕事内容
精神障害者が社会復帰するための支援や、発達障害の児童に成長に合わせた治療・支援を行います。

例えばこんな仕事です

  • 「日常生活を送る為の動作訓練」
  • 「就職前の職業訓練」

教育

勤務先例
大学・短期大学、専修学校、研究機関、特別支援学校研究施設など

仕事内容
研究者として、作業療法の新しい方法論の研究などを行い、リハビリ分野の発展を目指すほか、教育者として人材育成に携わります。

例えばこんな仕事です

  • 「新たな治療や援助の手法を研究・開発する」
  • 「教員として学生を育て、国家資格の取得や就職をサポートする」

企業

勤務先例
医療機器メーカー、福祉機器関連企業、スポーツメーカーなど

仕事内容
体の不自由な人が快適に暮らすための自助具や福祉機器の開発・販売に携わります。

例えばこんな仕事です

  • 「歩行者の歩行杖、車いすなどの開発」
  • 「病院のシャワートローリー、ストレッチャーの開発」
  • 「障がい者が日常生活で使いやすい食器や文房具の開発」

取得資格

学科の特徴

学ぶ内容

患者さんの日常における適応能力の幅を広げる作業療法士の仕事。

解剖学・生理学・運動学などの専門的知識、整形外科・内科・精神科などの医学的知識、身体機能、思考・判断力、心理精神面まで含めた生活する力を回復させる専門技術である作業療法の評価学・治療学を学びます。臨床実習では評価・治療技術の実践とともに医療人としての人間性を養います。

カリキュラム

4分野、28の項目を3年間で段階的に学びます。定期テスト以外にも小テストを頻繁に行う ことで、弱点分野の発見と知識の定着を行います。

カリキュラムの詳細についてはこちら

臨床実習

病院が母体だから、実習施設も充実。生きた実習環境を提供してくれる6つの協力施設。

1・2年生から関連病院・施設である新小文字、福岡新水巻、福岡和白、新行橋、下関リハビリテーション、香椎丘リハビリテーション病院、グループのデイサービスや訪問リハビリテーションなどで生きた作業療法の場面を体験。3年生の臨床実習は7つの関連病院の全面的なバックアップと、多数の実習協力病院があり、充実した実習が可能です。

臨床実習の詳細についてはこちら

施設・設備

充実した設備や環境の中で、最先端の専門知識・技術を学べます。

最新の設備・機器が整った実習室では、作業療法評価学・治療学の生きた知識と技術を習得します。充実した設備と環境の中で、確かなリハビリテーションの本質を学び、生きた知識と技術を習得してください。

施設・設備の紹介はこちら

資格

3年で作業療法士(国家試験)の受験資格を取得できます。

高齢化社会が進むにつれて、高齢者の在宅での生活と療法を適切に支援する「作業療法士」の重要性はますます高まっています。本校では昼間コース3年制を設定しており、プロとして通用する専門知識と技術、心構えを修得できます。卒業時には作業療法士(国家資格)の受験資格を取得できます。

国家試験対策についてはこちら

国家試験実績についてはこちら

卒業後の資格

病院をはじめ、保健・福祉の各分野、地域リハビリテーション分野など幅広い就職先。

総合病院、リハビリテーション病院、精神科病院、整形外科などの医療機関、老人保健施設、デイケア・訪問リハなどで、作業療法士が多く活躍しています。本学院の関連病院や施設などでは約1,000名の作業療法士・理学療法士が活躍しており、就職後の研修体制も充実しています。

就職の実績はこちら

授業風景(専門分野:物理療法学)

授業風景授業風景授業風景