学科紹介

Subject introduction
ホーム >  学科紹介 >  理学療法学科(昼間コース)

理学療法学科(昼間コース)

心豊かな身体機能回復のスペシャリストを養成。

理学療法士とは、医師や看護師とともに、リハビリテーション医療を進め、患者さんの社会復帰を促す役割を担う専門医療技師です。

病気やケガなどにより運動や動作が不自由になった方に対し、関節を動かしたり、筋力を改善する訓練などを行うことで、「起きる・立つ・移動する」といった人間の基本的な身体機能の回復を目指すものです。

本学科では、患者さんの気持ちを感じ、理解できる理学療法士の育成を目指します。

理学療法士とは?

  1. 仕事内容は?
    運動療法、物理療法によって治療、訓練を行い、具体的に身体に働きかけ機能回復を図るのが主な仕事です。
  2. 対象は?
    病気、事故などにより身体に障害を持った人や高齢者、スポーツ選手なども対象になります。
  3. 将来は?
    保健・福祉分野からスポーツ医学の分野まで、活躍の場は広がっています。

活躍する職場と、各職場における仕事内容

医療

勤務先例
総合病院、大学病院、各病院の訪問看護ステーション、リハビリテーション施設、リハビリテーションセンター、小児病院、診療所、発達支援センターなど

仕事内容
医師の処方に従い、看護師などとチームを組みながら患者さんの社会復帰を支援します。

例えばこんな仕事です

  • 「ギブスで固定していた骨折の部位を徐々に動かす練習」
  • 「腰痛の痛みを抑えるリハビリ」
  • 「半身麻痺の患者さんの歩行練習」

福祉

勤務先例
身体障害者等の支援・療護施設、老人福祉センター、特別養護老人ホーム、社会福祉協議会、各種NPO法人、デイケアセンター、介護老人保健施設、訪問リハビリテーションなど

仕事内容
身体障害者が社会復帰するための支援や、高齢者のケア、発達障害の児童の成長に合わせた治療・支援を行います。

例えばこんな仕事です

  • 「高齢者の身体機能の維持」
  • 「患者さんの自宅に訪問をして、機能回復のリハビリ」
  • 「施設にて、家庭復帰のための訓練」

保健

勤務先例
保健所、健康増進センター、地方自治体など

仕事内容
身体の機能を維持し、健康を守るためのアドバイスを行います。

例えばこんな仕事です

  • 「健康維持を目的とした身体運動を患者さんに合わせてアドバイス」
  • 「要介護にならないための予防法をアドバイス」

スポーツ

勤務先例
スポーツクリニック、スポーツ施設、アスレチック施設、プロ・アマスポーツチーム、スポーツ医学研究所、スポーツ選手との個人契約など

仕事内容
スポーツ障害への対応、スポーツ選手のケアやトレーニングメニューの作成などを行います。

例えばこんな仕事です

  • 「スポーツ選手の健康管理」
  • 「アスリートに発生するスポーツ障害の予防」
  • 「怪我をしたスポーツ選手のリハビリテーション」

教育

勤務先例
大学・短期大学、専修学校、研究機関、特別支援学校研究施設など

仕事内容
研究者として、理学療法の新しい方法論の研究などを行い、リハビリ分野の発展を目指すほか、教育者として人材育成に携わります。

例えばこんな仕事です

  • 「新たな治療や援助の手法を研究・開発する」
  • 「教員として学生を育て、国家資格の取得や就職をサポートする」

企業

勤務先例
医療機器メーカー、福祉機器関連企業、スポーツメーカーなど

仕事内容
体の不自由な人が快適に暮らすための自助具や福祉機器の開発・販売に携わります。

例えばこんな仕事です

  • 「歩行者の歩行杖、車いすなどの開発」
  • 「病院のシャワートローリー、ストレッチャーの開発」

取得資格

学科の特徴

学ぶ内容

障害を持った患者さんと直に向き合い、細心の配慮をしながら治療を行う専門職。

解剖学・生理学・運動学などの専門的知識、整形外科・内科などの医学的知識を身につけ、身体機能や運動能力を回復させる運動療法、痛みや循環を改善する物理療法など、理学療法の専門技術を学びます。臨床実習では、評価・治療技術の実践とともに医療人としての人間性を養います。

カリキュラム

4分野、27の項目を3年間で段階的に学びます。定期テスト以外にも小テストを頻繁に行うことで、弱点分野の発見と知識の定着を行います。

カリキュラムの詳細についてはこちら

臨床実習

病院が母体だから、実習施設も充実。生きた実習環境を提供してくれる6つの協力施設。

1・2年生から関連病院・施設である新小文字、福岡新水巻、福岡和白、新行橋、下関リハビリテーション、香椎丘リハビリテーション病院、グループのデイサービスや訪問リハビリテーションなどで生きた理学療法の場面を体験。3年生の臨床実習は7つの関連病院の全面的なバックアップと、多数の実習協力病院があり、充実した実習が可能です。

臨床実習の詳細についてはこちら

施設・設備

充実した設備や環境の中で、最先端の専門知識・技術を学べます。

最新の設備・機器が整った実習室で、理学療法評価学・治療学の生きた知識と技術を習得できます。充実した設備と環境の中で、確かなリハビリテーションの本質を学び、生きた知識と技術を習得してください。

施設・設備の紹介はこちら

資格

昼間コースは3年、夜間コースは4年で理学療法士(国家試験)の受験資格を取得できます。

高齢化社会が進むにつれて、高齢者の在宅での生活と療法を適切に支援する「理学療法士」の重要性はますます高まっています。 本校では昼間コース3年制・夜間コース4年制を設定しており、プロとして通用する専門知識と技術、心構えを修得できます。卒業時には理学療法士(国家資格)の受験資格を取得できます。

国家試験対策についてはこちら

国家試験実績についてはこちら

卒業後の資格

医療機関をはじめ、福祉施設、行政機関、研究機関、スポーツ機関など幅広い分野で活躍。

総合病院、リハビリテーション病院、整形外科などの医療機関、老人保健施設、デイケア・訪問リハなどで、理学療法士が多く活躍しています。本学院の関連病院や施設などでは約1,000名の理学療法士・作業療法士が活躍しており、就職後の研修体制も充実しています。

就職の実績はこちら

授業風景(専門分野:物理療法学)

授業風景授業風景授業風景